7/15~9/10開催の企画展「天下人の城」(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)について徹底リポート!

「天下人の城」〜徳川美術館応援団〜

その他

注目の後期展示の見所をアニィたかはしさんの4コマ漫画で!

更新日:

8月16日からは大幅に展示品が入れ替わりました。

戦国ブギウギ」や「日本史ブギウギ」を武将ジャパンにて連載中のアニィたかはしさんが見所を4コマ漫画で紹介してくれました。

義元左文字 登場!

【46】刀 名物 義元左文字(宗三左文字)信長が討ち取った義元から奪った記念に名前を彫った愛刀

【29】脇指 無銘 号「あざ丸」 熱田神宮に奉納された伝説の妖刀!

後期展示の目玉のひとつが刀剣の義元左文字です。

桶狭間の戦いの因縁の蜘蛛切丸(通期)とお隣で8月16日から並んでいます。

このほか、「妖刀」あざ丸や、ゲームでも有名な「鯰尾藤四郎」。ながーい名前の本作長義など刀剣ファンには必見の逸品が展示されています。
常設展(名品コレクション)にもたくさん刀が出ていますよ。

 

【29】脇指 無銘 号「あざ丸」 熱田神宮に奉納された伝説の妖刀!

【101】脇指 銘 吉光 名物 鯰尾藤四郎 小牧長久手の戦いを「勃発」させた刀

信長が秀吉を「このハゲー」と書いた自筆書状

【87】織田信長書状 おね宛 信長が秀吉のことを「はげネズミ」と罵倒

【95】當寺御開山御真筆 本能寺の直後から「欲望にまみれた黒ネズミ」「六天の魔王」と信長をディスる知識人

信長は浮気を繰り返す秀吉を叱責するために、秀吉の妻おねに手紙をかきました。その中で秀吉のことを「はげねずみ」と書いています。

猿というよりもねずみぽかったのでしょうか。

また、同時に後期でコラボするのが、本能寺の変後に高僧が信長のことを「黒ネズミ」と罵倒した新出文書です。

歴史オタもそうではない人も見に来てくださいね!

*庖丁藤四郎は売り切れ!残念!

-その他

Copyright© 「天下人の城」〜徳川美術館応援団〜 , 2017 AllRights Reserved.