7/15~9/10開催の企画展「天下人の城」(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)について徹底リポート!

「天下人の城」〜徳川美術館応援団〜

展示紹介

【54】春日井郡小牧村古城絵図 小牧山城に今も残る大土塁

更新日:

【54】春日井郡小牧村古城絵図 蓬左文庫

【展示場所】(場所・番号などは変更されている場合があります)
第1章 天下布武への道
三・小牧山城・岐阜城と天下布武(蓬左文庫第二室)
展示番号54番
原さん
小牧・長久手合戦の時に築かれた大土塁を描いた、尾張藩による精密な小牧山の図面です。山麓を廻る二重の土塁は、小牧・長久手合戦時に増設された遺構ですが、近年発掘調査が進んでいる山頂部をはじめ主要な遺構は信長時代の遺構を引き継いでいます。山麓の南東部(右下)には信長の居館があったのではないかと推定されています。
おいでよ天下人の城展
中腹にある大土塁も現存していますし、麓の土塁も現存しているところに加えて、今年には旧市役所があり壊された土塁も復元されていますね。これを見ると、よく遺構が残されていることがわかりますね。
原さん
去年(2106年)夏に、「信長・秀吉・家康ーそれぞれの天下取り」展をやった時に千田嘉博先生をお呼びした際に「てっきり小牧山の図面が出ていると思ったのに出ていなかったね」と言われたので今回はちゃんと展示をいたしました。
おいでよ天下人の城展
次の展示品がその千田先生が若い頃に解明した説を裏付ける出土品ですね。

小牧市HP<市役所旧本庁舎跡地「土塁復元」成る>より

次は【55~57】小牧新町遺跡など出土品 信長が小牧山の麓に創ったニュータウン

【展示場所】(場所・番号などは変更されている場合があります)
第1章 天下布武への道
三・小牧山城・岐阜城と天下布武(蓬左文庫第二室)
展示番号54番

-展示紹介

Copyright© 「天下人の城」〜徳川美術館応援団〜 , 2017 AllRights Reserved.