7/15~9/10開催の企画展「天下人の城」(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)について徹底リポート!

「天下人の城」〜徳川美術館応援団〜

展示紹介

【138】徳川家康伏見城普請中法度 「秀吉の家臣に殺されても我慢しろ」天下人秀吉に従う一大名だった家康

更新日:

徳川家康伏見城普請中法度 文禄三年二月五日    徳川美術館蔵

【展示場所】(場所・番号などは変更されている場合があります)
第2章 巨大城郭の時代  四 金箔瓦の荘厳(本館7室1)
(五)伏見城
展示番号138 番

原さん(小久ヒロ・絵)

伏見城の建設の記録が徳川美術館にもあります。
德川家康は当然、秀吉に従う一大名でありましたから、普請を手伝います。
その時に部下たちに守らせるルールが「普請の法度」です。

ある程度の規模の建設現場ですから、けっこうな数の喧嘩・口論が起こるわけです。

ここで面白いのは、秀吉と家康の上下関係が明確に出ているということです。

上方の武士、つまり豊臣家の家臣に徳川家の家臣が殺されても、その時は我慢せよと書いてあるんですね。
上の判断に任せよというものです。

豊臣方は別に無罪になるというわけではないですけれども、そこで歯向かってはいけないと言うのです。
その場で報復などに動くと、必ず豊臣(上方)の武士の方に判断が有利に働く可能性があるから、とにかくブチ切れるなと。

まずは我慢して、我々徳川家の上層部の判断をあおげという風に書いてあるのです。
天下人となった豊臣家と、一大名として家臣になってしまった徳川家の関係が見えてきます。

次は【139】近衛前久書状 文禄地震で大和郡山城の大手櫓が崩れ圧死した僧侶への見舞い

【展示場所】(場所・番号などは変更されている場合があります)
第2章 巨大城郭の時代  四 金箔瓦の荘厳(本館7室1)
(五)伏見城
展示番号138 番

-展示紹介

Copyright© 「天下人の城」〜徳川美術館応援団〜 , 2017 AllRights Reserved.