7/15~9/10開催の企画展「天下人の城」(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)について徹底リポート!

「天下人の城」〜徳川美術館応援団〜

徳川美術館とその周辺

出展品が食べられる?徳川美術館の隣の宝善亭の「信長御膳」が話題

投稿日:

7月15日に始まった徳川美術館「天下人の城」展ですが、おなじ日に始まったのが、敷地内にある日本料理店「宝善亭」での「信長御膳」です。

すでに、当応援団ブログでは、カツイエ.comの北村さんがレポートすみですが、

信長が家康に行ったおもてなし料理 「信長御膳」を食べてきました!

15日には、名古屋の名物ツイッター「おいでよ名古屋」(通称、おいなごちゃん)が試食ツイートして大反響



「IDENTITY名古屋」にて、詳細にレポもしていただいています。

http://nagoya.identity.city/houzentei_nobunagagozen/

 

16日には、読売新聞でも報道されました。

 

徳川美術館の原史彦・学芸部長代理(49)が監修し、「信長にとって家康は東を守る重要な人物であり盟友。目新しい料理をそろえた最高のもてなしとして記録が残っている」と解説する。宝善亭料理長の近沢昇さん(53)が、時代背景の説明や資料の提供を受け、約2か月かけて考案。近沢さんは「信長や歴史に思いをはせながら、現代の人にも合うように味付けをしました」と話した。

「信長御膳」は3800円(税込み)で、食材を用意するために、3日前までの予約が必要です。

ランチと考えるとお高いかなと感じますけど、飲み会にいくとこれくらいかかりますよね。この値段で、信長からの接待を受ける気分が味わえるなんて、幸せな時代に生まれました。

おいでよ天下人の城展
宝善亭は本館展示室の先からも行けるので、食べてから本館展示室の最初のほうにある、安土城に飾ってあった金花・松花の茶壺ペアを見て、安土御膳(こちらはフルコースバージョン)の復元も見ると2度おいしいですね。

さっそく食べた人も!

おいでよ天下人の城展
私に信長御膳を接待してくれる信長様はいないのでしょうか?

予約・問い合わせは宝善亭(052・937・0147)へ

-徳川美術館とその周辺

Copyright© 「天下人の城」〜徳川美術館応援団〜 , 2017 AllRights Reserved.